【注意喚起】セブ島でトランプ詐欺にあった

フィリピン

こんにちは! フィリピン在住アキラ後輩です。

 

フィリピンに来られたばかりの人、もしくは初めて行こうと思っている人は、

安心して生活できる国なのか? 悪い人がたくさんいるのではないか?

とっても不安ではないですか?

空港に着いたらそこはもうアウェーです。日本とは全く異なります。

現地で知り合いが居なければ、信頼できるのはあなた自身だけです。誰も助けてくれません。

実は、私自身フィリピン滞在中、トランプ詐欺、盗難、バイクのひったくり、近所での銃殺など、、、、いろいろ残念な経験があります。

今回の記事では、多くの方が被害にあわれている、トランプ詐欺で騙された経験をシェアします。トランプ詐欺の基本的な流れを理解することができるかと思います。

記事を読み終えると、あなたは瞬時にトランプ詐欺の兆候を見ぬくことができて、トランプ詐欺に騙されることはありません。

セブ島でトランプ詐欺にあった

モールでフィリピン人夫婦から声を掛けられる

アヤラモールで親しげにフィリピン人夫婦に声をかけられた。日本が大好きであると言う。

フィリピン人夫妻は、ほんのちょっとだけ日本語が話せた。会話内容は以下のような感じだったと思う。

フィリピン人夫婦:日本人ですか?留学にきてるの?

アキラ後輩:はい。日本人です。英語留学してます。

フィリピン人夫婦:今度私たちの娘が初めて日本に行きます。いろいろ不安がっており、日本での生活面など教えてあげてあげてくれませんか?

日を改めて、アヤラモール内でランチを一緒しましょう。

アキラ後輩:いいですよ。

フィリピン人夫婦:連絡先を交換しましょう。

アキラ後輩:(電話番号を教える。)

初回は、それでお別れ。

待ち合わせ場所に行くも娘の姿が無い

数日後再度アヤラモールにて再開。フィリピン人夫婦の二人だけがおり、一緒にランチを食べるはずの娘がいない!

フィリピン人夫婦と挨拶をし、一緒に来てくれと言われるがままに、モール内を進むといつの間にか屋内駐車場に出た。またそれが、良い場所に運転手付きの車が止まっており、うまいこと乗せられてしまった。後部座席で夫婦間のサンドイッチ状態。車種はパジェロミニだったかな。。拒否する間もなくあっという間の出来事であった。

娘は家にいるから、家でランチを食べましょうと言われ、さすがに家にお邪魔するのは気が引けるから、後日モールで食事を取ろうと説得するものの、夫婦は聞く耳を持たず、終始笑顔で日本の歌を歌ったり、くだらない話を続けたりと、こっちに考えたり話す機会を与えない。

30分ほどで豪邸に到着

(※写真はイメージです)

家はセブ市郊外の一戸建て、かなり立派な家であったと記憶している。

土地勘が無いぼくは、私はだれ、ここはどこ状態。

家には、ジュース、鳥のから揚げのようなもの、サラダ等が準備されており、食事をふるまってもらった。

相変わらず、家には娘はいない。旦那さんから兄弟だとのことで、新たな男性Aが紹介された。その男性はカジノで働くディーラーだという。

その男性Aから、カジノにはいくの?ブラックジャックはやったことある?など ギャンブルに関する質問を受けた。カジノ経験が無かったので、カードゲームはやったことが無い。しいて言うならジャパニーズババ抜きオンリーだと話をして、ババ抜きのやり方を教えた。

食事が終わると、部屋を移動するように促された。その部屋は小さい部屋で、私がテーブルをはさんで奥に座った。私の横に旦那が座り、身動きが取れない、嫌な気がし始めた。

意識がちょっと朦朧とし始めた。(今考えると、ジュースに何か入っていたのかもしれない。)

男性Aはノリノリで、ブラックジャックのルール、やり方を説明してくれた。

Mr.Leeの登場 ブラックジャック開始

部屋に移って少し経つと、中国系富裕層という、Mr.Leeがアタッシュケースをもって入室してきた。

見るからにお金持ちという風貌であった。高級そうな服、身に着けているもの全てが高価そうに見えた。

急な展開で、Mr.Leeとブラックジャックで対戦することになり、最初は不思議なほど手札が揃い勝ち続けた。しかし途中から雲行きが怪しくなりどんどん負けが続く。Mr.Leeは掛金が高くなり、高額の負けになっていた。このころには、意識が朦朧とし思考停止状態であった。

50万円近い額を請求されたが、持ち金が無いことを伝えたところ、自宅付近に送ってもらい、ATMで現金を下ろすように促された。2万円ほど(1万ペソ)をATMで下し支払った。何回もトライしたが、1万ペソしか下せなかったと嘘をつき、その場は免れた。

後日も残金をし支払うように、何度も催促を受けたため、携帯番号を変えた。

騙されない為に

主にショッピングモールで、片言の日本語ができるフィリピン人に声をかけられ、やたら日本好き好きアピールだしてきた場合、その時点ですぐ断りその場を離れる。

片言の日本語で親しげに話しかけてくるフィリピン人で良い人はいない。(夜の店は除くよ!www)

家に誘われても、絶対に行かない。初対面の人が他人を家に誘うなど有り得ない。

フィリピン人は、特別仲が良くない限り、人を家に招き入れることはしない。

身に着けるものは質素にする。途上国ではおしゃれをしない。

詐欺師は、あなたを外観で判断する。質素な服、サンダルを履いていれば声をかけてこない。金持オーラはゼロにする。

詐欺にあってからでは遅い

トランプ詐欺は、警察が加担してる場合がある。

自宅でギャンブルすること自体違法であり、仮にあなたがトランプ詐欺の被害者になったとしても、ギャンブルをしてしまったことは事実であり、あなた自身も犯罪に加担したこととなってしまう。

詐欺に合ってしまったら、だれもあなたを助けられないのです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました